腹式呼吸法ダイエットとは:ダイエット方法の種類と痩せる知識集

腹式呼吸法ダイエット

腹式呼吸法ダイエットとは、腹式呼吸法をすることによって、ダイエット効果をあげるダイエット方法です。

よく、ダイエットにはウオーキングなどの有酸素運動が効果的といわれますが、 これは呼吸をして酸素を取り込みやすい運動をすることで、脂肪が燃焼しやすく なるからです

逆にいえば酸素がないと、脂肪は燃焼されないのです。 体中にたくさん酸素を取り込むには、花から吸って口から吐くのが基本です。 自然と深い呼吸になって、酸素が体中に行き渡ります。口から息を吸っている と、脳や酸素を必要とする細胞や器官に十分酸素が行き渡りません。 呼吸法はいくつかあり、目的によってやり方は少しずつ違いますが、基本は同じ です。 酸素で脂肪は燃やされます。 体中にたくさんの酸素を取り入れるには、鼻で吸って口から吐きましょう。 無理なく深い呼吸が身に付き、体内に酸素が行き渡ります。口から息を吸うと、 必要な酸素が脳や酸素を必要とする器官や細胞の隅々に運ばれません。 ダイエットに効果があるウォーキングなどの有酸素運動を行う時、この呼吸法をすることで、成果が高まります。 呼吸法は,エアロビクス,ストレッチ,ヨガ,気功などでも重要なポイントです。 これらを行うときに,呼吸法をうまく取り入れると,効果が高まります。 息をゆっくり吐き切るまで,一瞬息を止めてから一気に吐き出す,など何か指示があればそれに従います。 特に指示がなければ,刺激を与えるときには息を吐きながら,と覚えておけばよいでしょう。 呼吸法を身に付けると,自律神経の働きもよくなり,ストレスの解消にもつながります。 テレビを見たりしながら,呼吸法を行うのもおすすめです。 さらに,ストレッチを組み合わせれば,効果はよりいっそう高まるでしょう。 楽しみながらできて,リラックス効果もあってと,一石二鳥とはこのことでしょう。 腹式呼吸というのは、別名、横隔膜呼吸ともいって、横隔膜を上下に動かす呼吸方法のことです。 横隔膜は肺の下にある筋肉の薄い膜で、ドームのような形をしていて、下にある内臓を包んでいます。 一方、胸式呼吸は、胸にある肋間筋を使った呼吸方法で、普段、意識せずにしている呼吸はこちらになります。 腹式呼吸の方法は、 1、まず、お腹をふくらませながら鼻から息をすいます。このとき肺が膨らんで横隔膜は下に動きます。 2、次に、吐く時はお腹をへこませながら口からゆっくりと息を出していきます。肺が縮むから横隔膜は上に動きます。 このように、呼吸をする度に、横隔膜が上下に動くことで、胸の筋肉である大胸筋が鍛えられて基礎代謝も高まるといわれています。 また、息を吸って横隔膜が下に動いたとき、横隔膜の下にある内臓が下に押し下げられます。 でも一番下には骨盤があるため、それより下がれなくなった内臓は居場所を求めて、前や横、後ろに動き回ります。 この時の運動で、内臓が刺激を受けて血行がよくなり、胃や腸の機能も改善されて便秘も解消されます。 また、腹式呼吸のように、お腹を膨らませたりへこませたりする呼吸方法は、腹筋も使われます。腹筋が鍛えられることでお腹まわりが引き締まります。また、胸式呼吸に比べ、多くの酸素が体の中に取り入れられる有酸素運動にもなります。体内に取り込まれた多くの酸素が体脂肪を燃やしすように働きます。脳にも十分な酸素が補給されるので頭もスッキリとして回転もよくなります。瞑想で腹式呼吸をするのはこのためです。このように、腹式呼吸は道具もいらず、非常に簡単です。慣れない人は布団に寝ているときの状態ですると、自然に腹式呼吸になります。毎日、就寝前の習慣などにするとやりやすいと思います。

正しい呼吸法は
口からゆっくり息を吐き、お腹に十分酸素を入れるつもりで、鼻からゆっくり息を吸います。

ポイントとしては吐くほうを意識して行い、少しずつ息を吐いていくことです。

この呼吸法を身につけて、普段から行うようにすると自律神経の働きも整えるのでダイエットだけでなく心を落ち着かせ、ス トレスの解消にもつながります。


おすすめウォーキングダイエットの本