多量のアルコールはダイエットの敵:ダイエット方法の種類と痩せる知識集

多量のアルコールはダイエットの敵

適度のアルコールは、疲労回復、ストレス解消や気分転換、さらに血行促進にもなり、血管を広げ血圧を下げるなどのよい作用もあります。

また、アルコールからのカロリーは、熱として発散される比率が大きく、適度な範囲内だったら、体重が増加することはないと いわれています。

けれども、アルコールを摂取するのが寝る前だと、エネルギーとしてなかなか燃やされにくくなります。さらにおつまみや、 夜食なども食べたりすると、摂取するエネルギー量が増えすぎてしまいます。

日本酒のカロリーはアルコール度数が高いので、ビールと比較しても高カロリーです。 日本酒のアルコール度数は平均15%、ビールは4%から5%です。

けれども、ビールは度数が低いからと安心して飲み過ぎてしまうこともあるかもしれません。

ちなみに厚生労働省が勧めているお酒の飲み方は、「日本酒の場合、1日1合まで。1週間に最低2日はお酒を飲まない日(休肝日)を作る」というものです。

お酒の好きな人にはつらいかもしれませんが、やはり多量のアルコールは控えたほうがよいですね。


【食事でダイエットの知識】のメニュー
食事は1日3食きちんと食べよう食物繊維はたっぷりとろう!][たんぱく質も充分にとろう!] [洋食より和食・パンより、ごはん] [食材の摂取カロリーを減らす方法][ダイエットに適している肉を選ぶコツ][ダイエットに適している野菜を選ぶコツ][ダイエットに適している魚を選ぶコツ][ダイエットによい調味料の選び方][太りにくい食べ方のポイント][ダイエット中は間食は食べてはいけないの?][ビールを飲むと太るの? ][多量のアルコールはダイエットの敵