肥満の原因は基礎代謝が少ないから:ダイエット方法の種類と痩せる知識集

肥満の原因は基礎代謝が少ないから

基礎代謝とは呼吸をしたり、体温を保ったりなど生きていくために最低限必要なエネルギーのことをいいます。

つまり、ただ寝ているだけでも消費するカロリーのことです。このエネルギー源として主に脂肪が使われます。

この基礎代謝は、10代後半の間では増加していきますが、それからは徐々に減少していきます。

そして、筋肉量が減り代謝活動が低下してくる40歳頃からさらに急激に落ちていく事が知られています。

中年になると、肥満になりやすくなるのは、 年をとって基礎代謝が低下しているのに、 若い頃とおなじような食生活をして、必要以上のカロリーをとり続けるからです。

ですので、肥満を防ぐには1つの方法として、基礎代謝を高めることです。

基礎代謝を高める主な方法として筋肉量を増加させることがあります。

脂肪がもっとも消費される臓器は筋肉だからです。 つまり、筋肉量が多ければ脂肪も多く使われることになります。ですので、筋肉量が増えると基礎代謝が高まって体脂肪が 減り、それが肥満を防ぎます。

また、心肺機能を鍛えることも効果があります。筋肉を作ることで、基礎代謝を10%から15%も高めることができるのです。

基礎代謝を高めるためには次ページの基礎代謝を高める方法


【肥満について】メニュー
自分の体脂肪率を知ろう!][体脂肪率とは何か?][肥満のタイプは2種類] [肥満は病気を引き起こす][生活習慣病と肥満とダイエット][肥満の原因は基礎代謝が少ないから] [基礎代謝を高める方法][セルライトとは何か?][自分でできるセルライト除去方法