肥満のタイプは2種類:ダイエット方法の種類と痩せる知識集

肥満のタイプは2種類

【肥満】は脂肪の付き方によって2つに分類できるといわれています。

りんご型肥満(上半身肥満)(洋なし型肥満)下半身肥満です。

りんご型肥満(上半身肥満)は内蔵脂肪型肥満ともいわれ、 内臓周辺に脂肪がつくタイプの肥満で、お腹が出ています。たまりやすいですが、分解もされやすいです。男性に多いです。

(洋なし型肥満)下半身肥満は皮下脂肪型肥満ともいわれ、 皮膚の下に脂肪がつくタイプの肥満で、下腹部からお尻にかけて脂肪が多いです。

たまりにくいタイプの脂肪なのですが、、一度つくとなかなか減りません。女性に多いです。

この2つの中で、悪影響を引き起こすのは、やっぱり内臓脂肪型肥満です。 この内臓脂肪型肥満は十分に気をつける必要があります。

身長と体重によって変わるのですが、平均すると男性でウェスト周囲径が85cm以上、 女性で90cm以上になると内臓脂肪型肥満の可能性があります。

内臓脂肪型肥満は生活習慣病になりやすいといわれていますが、実際は運動や食事に気をつけることによって、 皮下脂肪型肥満よりも落としやすいのです。「努力で落とす事が出来やすい」という事もできます。

最近はこれ以外に「かくれ肥満」の人も増えています。 外見はやせて見えるのに、体脂肪率を測ってみると非常に高い値になる人です。

筋肉や骨の量が少ないので、体重は軽いのですが、体脂肪の比率が多くなっているのです。 見た目が痩せているからといっても安心はできないですね。

体脂肪率はどのくらいなのか、体脂肪率の測れる体重計で測ってみましょう。


【肥満について】メニュー
自分の体脂肪率を知ろう!][体脂肪率とは何か?][肥満のタイプは2種類] [肥満は病気を引き起こす][生活習慣病と肥満とダイエット][肥満の原因は基礎代謝が少ないから] [基礎代謝を高める方法][セルライトとは何か?][自分でできるセルライト除去方法